タランティーノの音楽センスが炸裂【ジャッキー・ブラウン】

【ジャッキー・ブラウン】ストーリー

タランティーノの音楽センスが炸裂【ジャッキー・ブラウン】

ロサンゼルスの航空会社に勤める、CAのジャッキー・ブラウン。
彼女には裏の顔があり、武器密売人オデールの手伝いをしていた。

しかし、ジャッキーは空港で連邦保安官のレイに尋問される。
レイ達の狙いはオデールの検挙。
その検挙に協力すれば、オデールに協力している件は見逃すと取引を持ちかけた。

その頃オデールは刑務所から出所したばかりのルイスを車に乗せていた。
保釈金融業のマックスに会いに行くためだ。

ジャッキーの逮捕を知ったオデールは、ジャッキーの保釈を依頼する。
マックスは承諾し、ジャッキーを迎えに行った際に彼女に一目惚れしてしまう。

ジャッキーはあることを思いついた。
オデール逮捕に協力しながら、彼の金をすべて奪う計画だ。
捜査の裏でオデールに裏金を運ぶ計画を立て、捜査官のレイとも交渉を進めることにしたジャッキー。

各々の欲望が渦巻き、目的を果たすために巧妙な心理戦が始まる。

タランティーノの音楽センスが炸裂【ジャッキー・ブラウン】



●Bobby Womack / Across 110th Street.

ジャッキー・ブラウンのオープニング映像です。

音楽を巧みに扱うクエンティン・タランティーノ監督。

今回もソウルからロックまで、往年の名曲を巧みに使い映画を盛り上げています。
このオープニングで注目すべき点は、音楽に合わせ壁の模様が変わるシーン。
映画好きのタランティーノならではのニクい演出だと思います!

Top