80年代のテーマソング【ゴーストバスターズ】

【ゴーストバスターズ】ストーリー

80年代のテーマソング【ゴーストバスターズ】

超能力や心霊現象の研究をしていたピーター、レイモンド、イゴンの3人。
ある日実際のポルターガイスト現象に会い、幽霊を捕まえれば長年の研究の成果が実ると喜んでいた。
しかし喜んだんのは束の間、結果が出ない研究に愛想をつかされ大学を追い出されてしまう。

ただじゃ転ばない彼らは元消防署の建物を借りて3人で幽霊退治専門の会社「ゴーストバスターズ」を始めた。

彼らの狙いは的中し、オバケが活発化すれば会社は軌道に乗り始めた。
そしてついにゴーストバスターズはニューヨークの一躍有名人になったのだった。

そんな中、ゴーストバスターズの最初の依頼人ディナが『門の神』と名乗るゴーストに取り憑かれてしまう。
そして隣人のルイスも『鍵の神』に取り憑かれてしまった。

ニューヨークと人類の運命を託されたゴーストバスターズ。
『門の神』『鍵の神』との戦いが今始まる!

80年代のテーマソング【ゴーストバスターズ】



●Ray Parker Jr. / Ghostbusters

これぞ80年代の象徴とも言える主題歌「Ghostbusters」。

ゴースト・バスターズは80年代という時代背景もあり、大ヒットではなくメガヒットを成し遂げたと思っています。

NBCテレビの『サタデー・ナイト・ライブ』で大活躍していたコメディアンを起用し、
時代を象徴するキャラクター。
そしてやっぱりこの主題歌ではないでしょうか。

80年代という時代にすべてがマッチした奇跡的な映画だと私は思ってます!

Top